So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2017年9月17日説教

説教タイトル:どうして今は目が見えるのか
聖書箇所:ヨハネによる福音書9:13-34

論壇 敬老のお祝い
 天気予報は、明日の17日に大型の台風18号(タリム)が日本列島を縦断すると警報を出しています。それで敬老のお祝いがどうなるか少し心配しています。
 しかし、信仰生活を重ねてきた方たちであれば、台風以上の困難を何度も経験しきたことでしょう。その中には信仰上の試練もあったことと思います。教会では毎週礼拝後に入門クラスを行っています。ここには中山奥行名誉長老が出席しておられるのですが、あるとき「若い方には実感が持てないかもしれないが、わたしは天国を身近に感じて、本当に楽しみにしています」と話されました。若い方は「はい。まだ実感していません。」と正直です。キリスト教信仰は、信仰経験の違いにより各自の色合いというものもあるのですが、年月と共にキリストへの信頼は深まっていき、若い方たちはその信仰生活を見て学ぶようになります。このような聖徒の交わりがあって、東京教会の毎週の礼拝が豊かになっていきます。
 教会の迫害者から伝道者へと転身したパウロは、恵み深い神について「わたしを母の胎内にあるときから選び分け、恵みによって召し出してくださった神」(ガラテヤ1:15)と書いています。迫害者であったにもかかわらず、母の胎内にあるときから神により選び分けられていたとする救いの不思議さは、わたしたちにも等しく当てはまります。
 母の胎を出て成長し、信仰を持ち、天国を身近に感じるようになるまでのすべてのことは、自分では忘れてしまっても父なる神は全部を覚えています。初めてキリスト教に触れたときのこと、求道生活、信ずる決心をしたこと、悩んだこと、聖書を読んで祈ったこと、雨の中を教会に通ったことなど、すべてが自分のものであり、神の恵みです。礼拝の恵みにともにあずかることができるよう、神の祝福と支えをお祈りいたします。
nice!(0)  コメント(0) 

2017年9月10日説教

説教タイトル:盲人をいやすイエス
聖書箇所:ヨハネによる福音書9:1-12

論壇 聖書の表現
 聖書の中には、今日でいうところの差別的な表現が出てきます。レビ記21:17~23には、祭司の努めに関連して次のように記されています。「あなたの子孫のうちで、障害のある者は、代々にわたって、神に食物をささげる務めをしてはならない。だれでも、障害のある者、すなわち、目や足の不自由な者、鼻に欠陥のある者、手足の不釣り合いの者・・・。彼には障害があるから、垂れ幕の前に進み出たり、祭壇に近づいたりして、わたしの聖所を汚してはならない。わたしが、それらを聖別した主だからである。」
 サムエル下5:6以下では、「 エブス人はダビデが町に入ることはできないと思い、ダビデに言った。『お前はここに入れまい。目の見えない者、足の不自由な者でも、お前を追い払うことは容易だ。』しかしダビデはシオンの要害を陥れた。これがダビデの町である。そのとき、ダビデは言った。『エブス人を討とうとする者は皆、水くみのトンネルを通って町に入り、ダビデの命を憎むという足の不自由な者、目の見えない者を討て。』このために、目や足の不自由な者は神殿に入ってはならない、と言われるようになった。」
 聖書は誤りの無い神のことばであるという理解からすると、差別的な考えや表現はないと思いたくなるかもしれません。しかし、聖書も書かれた時代の産物であり、歴史的文献という性質があります。それでも、キリストにおける救いを教えるという目的との関係では、誤りの無い神のことばです。
 イエス・キリストが生まれつきの盲人について「神の業がこの人に現れるためである」と語ったり、汚れているとされる人々に手を置いていやしたりする場面を読むと、キリストの救いには区別や差別がないことがわかります。
 聖書を読み、その教えを理解し、祈ることにより、聖書は生ける神のことばとしてわたしたちの信仰を養い、人生を支えます。
nice!(0)  コメント(0) 

2017年9月3日説教

説教タイトル:アブラハムを見たのか
聖書箇所:ヨハネによる福音書8:48-59

論壇 年末までの教会の予定
 9月になりました。まだ暑さは続くかもしれませんが、秋の教会活動に励みたいと願います。年末までの予定を記します。今年は11/12の中会教会教育研修会の分級奉仕を東京教会CSが行います。そのため、例年より予定がつまって忙しくなるので各自予定を確認し、なるべく早めに取りかかるようにしてください。また、今年の教会学校クリスマス会は12/17、クリスマス賛美礼拝は24日に例年のプログラムを変えて行います。
9/11(月) 研修所開講講演会
 17 敬老のお祝い
 18(月) 長野、佐久伝道所合併式、牧野信成教師就職式
 23(土) 秩父栄光墓苑記念会
 24 2時 国立聖書教会にて合同修養会
 26-28 大会教師試験のため今井出張
10/15 東京教会創立記念礼拝 研究発表1
 16(月) 新日基との宗教改革500周年合同記念会
 17-19 大会 於 横浜関内
 22 国立との講壇交換 研究発表2 野島邦夫先生講演
 26(木) 研修所夜間聖書講座(全五回) 宗教改革500年記念
 29 中会連合会
11/12 中会教育研修会(東京教会CS担当)
 23(木) 東部中会第2回定期会
 26 国立との役員懇談会
12/3 クリスマス伝道礼拝開始
 10 小会・執事会合同協議会
 17 CSクリスマス祝会
 24 クリスマス記念礼拝、クリスマス賛美礼拝 『年報』原稿締切
 31 掃除と年末祈祷会
nice!(1)  コメント(0) 

2017年8月27日説教

説教タイトル:神があなたの父であるなら
聖書箇所:ヨハネによる福音書8:39-47

 本日午後の全員協議会において、石田和彦長老が宗教改革についての発題を行います。1517年、ルターによって宗教改革がはじまったと言われますが、宗教すなわちキリスト教の改革というだけでなく、プロテスタントの誕生により、キリスト教が複数の教派という形を取るようになったことで、ヨーロッパ社会に大きな変化をもたらしました。
 それゆえ、宗教改革をひととおり理解することだけでも骨の折れることです。『宗教改革とその時代』(小泉徹 世界史リブレット 山川出版)のように、安価で全体を見通すことのできるさまざま啓蒙書が出されています。それらを入り口にして各国の宗教改革史に関心を広げるのもよいと思います。
 『はじめてわかるルネサンス』(ジェリー・ブロトン 高山芳樹訳 ちくま学芸文庫)も世界史の中で宗教改革を理解するのに有益です。ルネサンスを東西南北、宗教の違いを越えた世界規模の出来事としてとらえ、その中に宗教改革を置いています。そして、宗教改革開始以前には、ヨーロッパとオスマン・トルコは、文化的にも政治的にも緊密に結びついていたことを実証的に説明しています。この枠組においては、宗教改革により、「カトリシズム、プロテスタンティズム、イスラムという名称の固定化にともなって、かつて保たれていた東方と西方との間の、宗教的出会いと交流のしなやかな関係は失われていった。・・・この時代の後世への負の遺産は、いまだに解決不能と見える絶え間のない宗教的、政治的衝突の連鎖を生み出したことである」(p.157)。ユダヤ教迫害も宗教改革をとおしていっそう進みました。
 宗教改革がヨーロッパの分断に手を貸したと指摘する書物が最近目につきます。以前紹介した義認の教理におけるカトリックとルター派の合意のできごとも、分断を修復しようとする試みです。
 プロテスタント誕生の歴史を知ることも大切ですが、宗教改革の歴史的意味はそれだけではありません。
nice!(0)  コメント(0) 

2017年8月20日説教

説教タイトル:真理はあなたたちを自由にする
聖書箇所:ヨハネによる福音書8:31-38

論壇 キリストが与える自由
 本日の聖書箇所ヨハネ8:32に「真理はあなたたちを自由にする」とあります。ウェストミンスター信仰告白「第20章 キリスト者の自由および良心の自由について」の第1節を以下に記します。
 「キリストが福音の下にある信者のために買い取られた自由は、①罪責・神の断罪的なみ怒り・道徳律法ののろいからの自由と、
②今の悪い世・サタンへの隷属・罪の支配から、またかん難の害悪・死のとげ・墓の勝利・永遠の刑罰からの彼らの解放と、
③彼らの自由な神への接近、奴隷的恐れからでなく子のような愛と自発的精神から神に服従をささげることにある。
 これらはすべて、律法の下にある信者にも共通であった。しかし新約の下では、キリスト者の自由は、ユダヤ人教会が服していた儀式律法のくびきからの自由において、恵みのみ座に一層大胆に近付くことにおいて、また神の自由のみたまを、律法の下にある信者が普通にあずかったよりも豊かに与えられることにおいて、更に拡大されている。」
 上記の自由は、人権、すなわち生まれながらにだれもが等しく持っており、決して侵されてはならないはずの尊厳・権利としての自由とは、観点が違います。わたしたちがキリストによって与えられる宗教的救いを、自由・解放という観点からまとめたものです。
 ①は、人が罪を犯すゆえに背負っているものです。罪責(guilt)とは、罪過、科(とが)とも呼ばれる罪の責任です。この罪責を負っている限り、神の裁きとしての死をまぬがれることができません。逆にどれほど罪を犯しても罪責がなければ、神の裁きを受けることはありません。キリストの救いとは、この罪責を解かれるということでもあります。それゆえ、キリストから与えられる自由の筆頭に罪責が置かれています。
nice!(0)  コメント(0) 

2017年8月13日説教

説教タイトル:わたしは主
聖書箇所:ヨハネによる福音書8:21-30

論壇 8月15日を前に
 8月15日を前にして、平和について考える報道が目立ちます。8月6日は広島、9日は長崎に原子爆弾が落とされた日であり、両日には記念式典が行われました。昨年アメリカのオバマ大統領が広島の原爆資料館と平和記念公園を訪れたことから、外国人の訪問が増えたとのことです。実戦にて原子爆弾が使用された唯一の国なのですから、日本は世界の中で果たすべき責任があるといえます。
 わたしたちは、過去についての評価、現在への認識、将来の予測を意識的にあるいは無意識のうちに行って、さまざまな判断を下しています。それゆえ、各自の判断は複雑で貴いのです。
 今年は、アメリカ大統領と北朝鮮主席が、ミサイルを撃つとか、これまでに見たことがないことが起るなど、子どものような脅し合いを行う中で15日を迎えます。自衛隊は迎撃ミサイルを、島根、広島、愛媛、高知に配備しました。迎撃ミサイルがはたして有効なのかとの議論もありますが、政府の立場としては何もしないわけにはいかないということなのでしょうか。前大統領と違って、何をするか分からないといわれる現大統領ですから、無関心でいられないのも事実です。
 安倍晋三総裁が5月に憲法九条に第三項を加えて自衛隊を合憲とする案を表明しました。最近の安倍首相の不人気ゆえに、九条の改訂が困難になったといわれますが、保守勢力が衰える気配はありませんから、将来の現実的課題として依然残るといえます。
 今年の8月15日は、戦争の危険と平和への具体的方策を今まで以上に考える機会です。第九条について考えるには、『憲法九条はなぜ制定されたか』(岩波ブックレットNo.674古関彰一著)が薄い冊子ですが有益です。九条にある表と裏の両面が簡潔ですが書かれており、沖縄におけるアメリカ軍基地問題の根が九条にあること、アメリカは昔も今も戦略的である点で変らないことがよくわかります。
nice!(0)  コメント(0) 

2017年8月6日説教

説教タイトル:わたしは世の光である
聖書箇所:ヨハネによる福音書8:12-20

論壇 三中会合同修養会報告
 8月1日~3日にかけて、東北・東関東・東部中会による三中会合同夏期修養会が日光鬼怒川温泉にて行われました。三中会合同修養会は、三中会とも改革派教会創立時の旧東部中会に属するとともに、盛岡伝道所の協力に象徴されるように、東日本伝道において協力関係にあるゆえに、三年に一度開催されているものです。東京教会からは、中山奥行、佐藤正八、今井久子、今井献の四名が参加しました。全体の参加者は、約200名。東北中会からの参加者は10名に満たなかったようです。東関東からは約60名の参加でした。
 講演者は千城台教会の市川康則教師、講演題は「聖書的生き方と思考を目指そう!~宗教改革500年を覚えて~」でした。講演内容は、歴史改革派信仰と教会の基礎を築いたとされるカルヴァンの生涯と働きを紹介しながら、聖書的生き方と思考を学ぼうというものでした。
 カルヴァンというと『キリスト教綱要』がすぐに思い起こされると思います。わたしの出席した分団でも、『綱要』の話しが出ましたが、若い頃に教会で輪読した、しかし読み切れなかった、もう一度挑戦したいけれどあの四巻を読むのは、という声が複数ありました。『綱要』(1559年)は今日から見ると古典であり、簡単に読めるものではないので、カルヴァンが書いた『ジュネーブ教会信仰問答』を手はじめに読むのがよいのではないか、信仰問答として考えると373問もあって長すぎるが、カルヴァンの考えを理解する書物として読むと味わいのある一冊といえると話しました。この信仰問答の前に書いた『信仰の手引き』もカルヴァンの考えを直接知るにはよいものです。
 3年前の三中会合同修養会は仙台市内の会場で行いました。このときには、東北中会の信徒が大勢通いで参加して、よい交わりになりました。鬼怒川は東北から見ると遠いのかもしれません。
nice!(0)  コメント(0) 

2017年7月30日説教

説教タイトル:あなたを罪に定めない
聖書箇所:ヨハネによる福音書8:1-11

論壇 「謙虚な請願」について
 ウ告白31:5に「謙虚な請願」が出てきます。この5節は国家と教会の権限の棲み分けと協力関係を規定するもので、内容は①教会会議は教会的な事柄以外の何事も決定しても、扱ってもならない、②例外は、非常な場合の謙虚な請願と、為政者が求める場合のみ。
 ピューリタン革命といわれるように、教会と連携して議会側が国王軍を退けたのですが、議会はこの規定によって戦友でもある教会の政治的行為を厳しく制限し、政治性を奪いました。
 中会ヤスクニNo.118は、教会と国家の関係において、5節が今も生きているかのように書いていますが、改革派教会と国家は5節の関係に合意がありません。また、教会の自立性・政治性を容認する社会では、自らを縛るこの規定を教会が使う必要はありません。
 改革派教会は、政治的な問題を扱うことも抗議声名の提出も行ってきましたが、この規定に拠るのではありません。国は、憲法第16条「何人も・・・平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない」、思想と良心の自由(19条)、結社と表現の自由(21条)により、団体(含教会)の請願も政治行為も保障しています。請願内容に制限もありません。理由は、請願権が団体に本来的にあるというより、団体を構成する個々人に良心の自由、表現の自由が保障されているからです。それゆえ、改革派教会が整備新幹線建設賛成・反対、消費増税賛成・反対、その他あらゆる抗議声名を行う権利も法的に保証されています。
 ただし、教会は、福音宣教を託されているものとして、いかなる政治的行為が今日ふさわしいかを自立的、かつ神学的に判断します。ここに教会らしさと実力がためされているといえます。わたしは、基本的人権の尊重と、非宗教国家という社会制度の中では、より抑制的であることが望ましいと考えますが。
 人権を認める社会は複数教会・宗教を認め、自由を制限する告白31:5を不要にします。よい意味で、5節は使う必要がありません。

2017年7月23日説教

説教タイトル:渇いている人は来なさい
聖書箇所:ヨハネによる福音書7:37-52

論壇 中会ヤスクニ
 7/9に配布された「中会ヤスクニ」に私の名前をあげて批判する文章が載りました。重要な政治問題は宗教の問題として教会が判断し、教会員を指導するべきとの立場を取る著者からの、No.117にわたしが書いた文章への批判です。わたしは、政治的問題は教会員の自由な判断と責任にまかせるべきという立場です。
 今回の批判は筋が悪いと思います。その悪さは以下の点です。
 17世紀に書かれたウ告白原文における教会と国家の関係は、一国一教会を前提として書かれているので、他教派が存在する余地のない、相互依存の関係です。加えて、よりよきキリスト教国家の形成を目標としています。あの時代ですからしかたなし。
 それゆえ、他教派、他宗教、無神論などが共存し、国家の非宗教性を前提とする国(日本も)では、ウ告白に記された教会と国家の一体関係は通用しません。それで、この箇所(23:3)を改訂し、まだ合わず、30周年宣言で自分たちの宣言を作成しました。いくらウ告白であっても教会と国家の関係は普遍性を持ちえません。
 ウ告白における教会と国家の関係は普遍性を欠くとわたしが書いたことを、あの文章は強く非難していますが(5)、両者の関係について普遍性のある規定を作ることがそもそも無理なことです。
聖書時代、宗教改革時代、現代における国家制度はまったく違います。国民主権という考えさえ宗教改革時代にありません。また教会も時代とともに変化します。それゆえ、教会と国家の関係ほど変化の激しいテーマはありません。合法的戦争を記すウ告白23:2、謙虚な請願を記す31:5などは時代と場所の産物です。
 ウ信仰基準を採用するとは、改革派教理の体系として受入れることであり、歴史的制約のある文言をも受入れるわけでないことは繰り返し教えられてきました。
あの文章は、他教派、他宗教、無神論の共存と、非宗教国家という現代社会を考慮せず、ウ告白における教会と国家の関係を考察しているように思えます。

2017年7月16日説教

説教タイトル:公然と語るイエス
聖書箇所:ヨハネによる福音書7:25-36

論壇 信仰義認Ⅳ
 ルーテル世界連盟とカトリック教会が「義認の教理に関する共同宣言」において合意したことの意義について考えます。このことは、宗教改革500年を迎える「思考の枠組」に関係します。
 500年前にカトリック教会から分裂してプロテスタント諸教会が誕生したことを神の摂理と感謝し、各教会・教派が自分たちの立場と伝統を確認する機会とすることも一つの姿勢です。
 「共同宣言」を作成したルーテル世界連盟とカトリック教会は、宗教改革によっておこった西方教会の分裂を、今日から見ると不幸なできごとであるとみなし、関係を改善するために協議し、互いに歩み寄ることを目指しました。その成果が「共同宣言」であり、相違を乗り越える協議は今も継続しています。
 義認の教理において、双方が全面的に一致したわけではなく、相違も残っています。それでも「なお残っている相違は、義認の理解の用語、神学的表現また強調点におけるものであって、受容できるものである。・・・そこに相違があっても、互いに開かれており、基本的諸真理に関する合意を無にするものではない」(共同宣言40)という認識です。分裂の直接の原因といえる義認の教理について、合意を重視するという枠組を実践したことに特別な意義があります。合意点は、論壇No.26に記した四・1~7です。
 合意点より相違点を強調するなら、「共同宣言」作成はどだい無理であり、その考え方がそれまでのカトリックとプロテスタントを支配していたといえます。また、一つの教会・教派を目指すなら相違点が目につきますが、さまざまな協力を行うこと、共同の礼拝と聖餐式、教職の相互承認など、その手前までの関係改善であれば、別の思考の枠組も可能です。これが「共同宣言」作成を可能にしました。
 500年前は互いをゆるしがたい異端と考えましたが、今日はいわば他教派として認めています。それゆえ、対話・交流はキリスト教とはいかなる宗教であるかを考えるよい機会になります。
前の10件 | -