So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年3月26日説教

説教タイトル:わたしは死ぬばかりに悲しい
聖書箇所:マタイによる福音書26:36-46

論壇 イースター算定
 今日の西暦につながるキリスト誕生を起点とする年の数え方(AD)が、6世紀、エクシグウスによって提唱されたことを、先週の論壇に記しました。この表記を一般にキリスト紀年と呼びます。
 キリスト紀年の提唱は、復活祭(イースター)と関係しています。325年のニケア会議において、イースターは「ユリウス暦における春分の日である3月21日を過ぎた最初の満月に続く日曜日」と決められました。これにより、3月22日から4月25日の間を動く移動祭日です。
 イースターを算定するには、当時教会が使用していたユリウス暦における3月21日が重要です。ユリウス暦とは、皇帝ユリウス・カイザルが紀元前45年に定めた太陽暦であり、1年を1月1日にはじまる365日と1/4日とし、4年毎にうるう年(1年366日)をおくというものです。そして、1年を12ヶ月、1週は7日としました。このユリウス暦は、今日使用しているグレゴリウス暦の基礎となる大変優れたものでした。
 ただし、太陽暦であるユリウス暦の中に、「満月」という月を基準にする太陰暦が入り込んでいます。それゆえ将来のイースターを算定することがとても困難で、算定そのものが常に論争の的になり、84年、95年、112年、400年周期の計算などがあらわれました。教皇ヒラルス(461-468)は、新月が同じ日になる19年周期と同じ月の曜日が一致する28年周期をかけた532年周期の復活祭暦を提示しました。この復活祭暦を採用するに際し、エクシグウスがキリスト紀年を提唱したのです。
 教会暦にしたがって生活するキリスト教徒にとって、四旬節(受難節)、受胎告知日、ペンテコステなどの重要な移動祭日を決める基準となるイースターの算定は重要なことでした。
 また、先々のイースターを算定することは、ただ過去を振り返るだけでなく、将来を見据える姿勢のあらわれでもあります。時をどうとらえるかは、人間にとって重要なテーマです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0