So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年4月30日説教

説教タイトル: 命を与えるイエス
聖書箇所  :ヨハネ福音書5:19~30

論 壇 日本での西暦、元号 (No,18)
日本ではキリスト紀年に西暦という訳語を当てて使用しています。日本は明治まで太陰暦による旧暦が使われていましたが、旧暦の明治5年12月3日を、西暦1873年1月1日すなわち明治6年1月1日とさだめることで太陽暦にあらため、年数の算定法を西洋諸国と一致させました。元禄15年12月15日の赤穂浪士の吉良邸討ち入りは、西暦換算では1703年1月31日だそうですが、12月15日という日付がそのまま広く用いられています。
昭和、平成は元号あるいは年号と呼ぶ紀年法であり、年に平成など何らかの意味を持つ名前をつけて1年1年を認識するものです。これは、紀元前114年、前漢の武帝の時代に中国ではじまり広く東アジア全域に広がり、今も使用されています。日本では645年の「大化」という元号が最初です。また、1976年の元号法により公文書では使用が義務づけられました。
東アジアには、古代中国で生まれ、現在も広く使われている干支(えと)紀年法があります。日本でも「干支はイヌです。トラです」といういい方で残っており、年賀切手は毎年干支の図案です。これは十干(じっかん)甲乙丙丁戊己庚辛壬癸と十二支(じゅうにし)子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥を組み合わせて作る60年周期の紀年法です。この紀年法は東アジアで今も広く使われています。
中国では1949年にキリスト紀年を「公元」と称して採用し、それまで使用してきた「元号」を廃止しました。それゆえ今は干支紀年と公元と呼ぶキリスト紀年の二つが使用されています。
日本にはもう一つ神武天皇紀年法がありました。これは、『古事記』、『日本書紀』で最初の天皇とされる神武天皇が即位したと言われる紀元前660年を起算年とする紀年法です。皇紀とも呼ばれ、1873年から使用され、敗戦により終わりました。
紀年により年を数えることはとても人間的な行為です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0