So-net無料ブログ作成

2017年5月21日説教

説教タイトル:五つのパンと二匹の魚
聖書箇所:ヨハネによる福音書6:1-15

論壇 新しい翻訳聖書
 宗教改革500周年を記念して、日本聖書協会は新共同訳聖書にかわる新しい聖書翻訳事業を進めており、来年中に出版する予定です。
 6月8日の夜間神学講座では野島邦夫先生が、この翻訳作業と新しい聖書について講演をすることになっています。野島先生は、翻訳作業における日本語の検討を行う委員として加わっているので、貴重な話しが聞けるのではないかと思います。
 新約聖書についてはパイロット版が頒布されており、日本聖書協会は完成直前の翻訳について広く意見を求めています。
 新しい翻訳について二、三目立つ点を上げると、ロマ書16:7のこれまで「ユニアス」(男性名)と訳されていたものが「ユニア」(女性名)に変っています。これまでは男性の使徒ユニアスという理解でしたが、女性の使徒ユニアとも読めるようになります。
 「キリストへの信仰によって義とされる」と理解され、そのように訳されてきた箇所が「キリストの信実」に変更される箇所があります。「真実」ではなく「信実」です。「キリストへの信仰による」とは、人がキリストを信じるという意味であり、「キリストの信実」とは、キリストが信実な方であるという意味です。ロマ書3:22,25,とガラテヤ書2:16,16,20,3:22,23,23,24,25,26がこの意味の「信実」に変っています。ただし、ルターが信仰義認を発見したと言われるロマ1:17は「義人は信仰によって生きる」のままです。ロマ3:21~31においても上記二箇所以外はこれまで通り「信仰」のまま。ガラテヤ3:6~14も「信仰」のままであり、信じることで人が救われるという、信仰義認の教理が否定されるわけではありません。
 「兄弟たち」との呼びかけは、平仮名の「きょうだいたち」になっています。漢字では男性のみにも読めるので、平仮名にして男女の意味を表わすようにするということです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0