So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年5月28日説教

説教タイトル:わたしだ。恐れるな
聖書箇所:ヨハネによる福音書6:1-21

論壇 宗教改革についてⅠ
 本日の全員協議会では宗教改革について考えます。宗教改革は、16世紀、ローマ・カトリック教会が支配する西方ヨーロッパにおいて、プロテスタント教会が登場したことで、キリスト教のみならず社会全体に影響を及ぼすこととなったできごとです。
 1517年10月31日、宗教改革者マルティン・ルターがヴィッテベルクン城教会の扉に95カ条の提題を掲げたことで宗教改革がはじまったと言われます。それで今年が宗教改革500周年ということになります。宗教改革とは何であるかについては、常に議論の的であり、神学や教会の面だけでなく、社会学的な面からの研究も進んでいます。また、どの観点からとらえるかによって宗教改革についての理解と説明は異なってきます。
 信仰と神学の観点から考えると、父・子・聖霊からなる唯一の神という三位一体論における聖霊論の領域において主に論争がなされ、聖書の重要な教えが整理されることになりました。使徒信条の「我は聖霊を信ず。聖なる公同の教会、聖徒の交わり、罪の赦し、からだのよみがえり、永久の命を信ず」の部分です。ただし、聖霊を神と信じて礼拝することについてはカトリックもプロテスタントも違いはありませんでした。
 論争になったのは、聖霊の働きである「聖なる公同の教会、聖徒の交わり、罪の赦し」の部分です。救いを完成させる聖霊の働きが、プロテスタント信仰により刷新されることになりました。
 聖霊の主な働きは、キリストが成し遂げた救いを個々人と社会に適用することにあります。個々人の救いは教会の福音宣教において起るのですが、この教会とは何か、その組織はどうあるべきか、福音はカトリック教会の独占物か、礼典(カトリックでは秘蹟) とは何であるか、などについて激しく争いました。また、信仰義認の教理は、カトリックの教会論を否定することと表裏一体です。人の救いは、最も大切なことの一つですから、妥協することができず、徹底的に論じ、闘い、分裂することになりました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0