So-net無料ブログ作成

2017年6月25日説教

説教タイトル:父の許しがなければ
聖書箇所:ヨハネによる福音書6:60-71

論壇 義認の教理Ⅰ
 信仰義認の教理によってカトリックからプロテスタントが分離したといえるほど、この教理において両者は激しく対立しました。
 しかし、1999年10月31日、ルーテル世界連盟とローマ・カトリック教会とは「義認の教理に関する共同宣言」に調印し、この宣言の内容において一致しました。教文館から、共同宣言本文、公式声明、公式声明への付属文書、またプロテスタント徳前義和とカトリック高柳俊一による解説を入れた『義認の教理に関する共同宣言』(2004年)が出版されました。
 宗教改革500年を前にした和解の試みであり、画期的な合意であるといえます。ただし、相違点がすべて解決したわけではありません。本文は以下の項目からなっています。
 まえがき
 序
 一 聖書における義認のメッセージ
 二 エキュメニカル(教会一致)な問題としての義認の教理
 三 義認に関する共通理解
 四 義認に関する共通理解の解明
  四・1 義認の視点から見た人間の無力さと罪
  四・2 罪の赦しと義とすることとしての義認
  四・3 信仰により、恵みゆえの義認
  四・4 義とされた者が罪人であること
  四・5 律法と福音
  四・6 救いの確かさ
  四・7 義とされた者が行うよい行い
 五 到達された合意の意味
 注
 『義認の教理に関する共同宣言』資料
 公式声明 
 公式声明への付属文書
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0