So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ

2017年8月13日説教

説教タイトル:わたしは主
聖書箇所:ヨハネによる福音書8:21-30

論壇 8月15日を前に
 8月15日を前にして、平和について考える報道が目立ちます。8月6日は広島、9日は長崎に原子爆弾が落とされた日であり、両日には記念式典が行われました。昨年アメリカのオバマ大統領が広島の原爆資料館と平和記念公園を訪れたことから、外国人の訪問が増えたとのことです。実戦にて原子爆弾が使用された唯一の国なのですから、日本は世界の中で果たすべき責任があるといえます。
 わたしたちは、過去についての評価、現在への認識、将来の予測を意識的にあるいは無意識のうちに行って、さまざまな判断を下しています。それゆえ、各自の判断は複雑で貴いのです。
 今年は、アメリカ大統領と北朝鮮主席が、ミサイルを撃つとか、これまでに見たことがないことが起るなど、子どものような脅し合いを行う中で15日を迎えます。自衛隊は迎撃ミサイルを、島根、広島、愛媛、高知に配備しました。迎撃ミサイルがはたして有効なのかとの議論もありますが、政府の立場としては何もしないわけにはいかないということなのでしょうか。前大統領と違って、何をするか分からないといわれる現大統領ですから、無関心でいられないのも事実です。
 安倍晋三総裁が5月に憲法九条に第三項を加えて自衛隊を合憲とする案を表明しました。最近の安倍首相の不人気ゆえに、九条の改訂が困難になったといわれますが、保守勢力が衰える気配はありませんから、将来の現実的課題として依然残るといえます。
 今年の8月15日は、戦争の危険と平和への具体的方策を今まで以上に考える機会です。第九条について考えるには、『憲法九条はなぜ制定されたか』(岩波ブックレットNo.674古関彰一著)が薄い冊子ですが有益です。九条にある表と裏の両面が簡潔ですが書かれており、沖縄におけるアメリカ軍基地問題の根が九条にあること、アメリカは昔も今も戦略的である点で変らないことがよくわかります。
nice!(0)  コメント(0) 

2017年8月6日説教

説教タイトル:わたしは世の光である
聖書箇所:ヨハネによる福音書8:12-20

論壇 三中会合同修養会報告
 8月1日~3日にかけて、東北・東関東・東部中会による三中会合同夏期修養会が日光鬼怒川温泉にて行われました。三中会合同修養会は、三中会とも改革派教会創立時の旧東部中会に属するとともに、盛岡伝道所の協力に象徴されるように、東日本伝道において協力関係にあるゆえに、三年に一度開催されているものです。東京教会からは、中山奥行、佐藤正八、今井久子、今井献の四名が参加しました。全体の参加者は、約200名。東北中会からの参加者は10名に満たなかったようです。東関東からは約60名の参加でした。
 講演者は千城台教会の市川康則教師、講演題は「聖書的生き方と思考を目指そう!~宗教改革500年を覚えて~」でした。講演内容は、歴史改革派信仰と教会の基礎を築いたとされるカルヴァンの生涯と働きを紹介しながら、聖書的生き方と思考を学ぼうというものでした。
 カルヴァンというと『キリスト教綱要』がすぐに思い起こされると思います。わたしの出席した分団でも、『綱要』の話しが出ましたが、若い頃に教会で輪読した、しかし読み切れなかった、もう一度挑戦したいけれどあの四巻を読むのは、という声が複数ありました。『綱要』(1559年)は今日から見ると古典であり、簡単に読めるものではないので、カルヴァンが書いた『ジュネーブ教会信仰問答』を手はじめに読むのがよいのではないか、信仰問答として考えると373問もあって長すぎるが、カルヴァンの考えを理解する書物として読むと味わいのある一冊といえると話しました。この信仰問答の前に書いた『信仰の手引き』もカルヴァンの考えを直接知るにはよいものです。
 3年前の三中会合同修養会は仙台市内の会場で行いました。このときには、東北中会の信徒が大勢通いで参加して、よい交わりになりました。鬼怒川は東北から見ると遠いのかもしれません。
nice!(0)  コメント(0) 

2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ