So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018年5月13日説教

説教タイトル:真理の霊を与える
聖書箇所:ヨハネによる福音書14:15-24

論壇 東方正教会における救い
 東方正教会における人間理解について記します。正教会では、神との交わりの中で成長することに人間本来の姿を見ます。
 この聖書的説明は次のとおりです。「我々に『かたどり』、我々に『似せて』人を造ろう」(創1:26)の聖句について、「かたどり」を神の「像」、「似せて」を「肖(しょう)」と区別します。像は神の姿に創造されたことを意味し、肖は神と交わり、その恵みの中で自分の意志と力で自らを向上させるべきあり方を意味しています。神に向かって栄光化されていくこと、これが正教会の人間理解です。
 しかし、アダムは罪によって自らに死を招いて堕落し、神の肖を達成できなくしてしまいました。この罪が病気のように蔓延したことで、各人が罪をおかして堕落し、肖を実現できなくなったのが人類の姿です。人間性そのものが力を失いました。
 正教会はキリストの救いを受肉に見るのですが、それは以下のような理解です。
 み子は、人間性を取って人となり、人としての生をまっとうしました。その生涯は、悪魔の誘惑を退け、神との交わりの中で神が望むあるべき人間の姿(肖)を具体的に実現していくことでした。肖を達成しただけでなく、人なるキリストが十字架に死んで復活したことにより、死に支配されていた人間性が死に勝利しました。このことの意味は、アダムが罪をおかして以降の人類の歴史がキリストにおいて訂正されるとともに、栄光に満ちたあるべき人の姿がキリストにおいて実現したということです。
 キリストのもとに、神と人との完全な交わりがあり、人が神の本性にあずかって栄光化される唯一の道があります。人がこのキリストを救い主と信じて従うことは、神との交わりに生きることであり、神の本性にあずかって栄光化されることにほかならない。これが正教会における救いの中心です。
nice!(1)  コメント(0) 

2018年5月6日説教

聖書箇所:ヨハネによる福音書第14章1~14節
説教タイトル:「イエスの名によって祈る」

※本日録音機器の不調により説教録音ができませんでした。お詫びいたします。

論 壇 アウグスティヌス伝統 (No,18)
先週の論壇に書いたように、西方における神観は、罪を罰し、罪人をさばく神です。カトリックもプロテスタントもこの西方伝統に属しています。東方においては、罪をさばく神はなじみません。
信仰義認の教理は、十字架において罪を償ったキリストをただ信じるだけで義とされ、救われることを教えます。この信仰義認の主張は、カトリック教会が告解、ミサ、免罪符の購入、よきわざ等によって人に罪を償うことを求めることへの反対でした。結局、罪人をさばく神という西方伝統における罪の償をめぐる争いでした。義認の教理においてカトリックとルター派が一致した共同宣言はこの伝統の中で意味を持つものであり、東方伝統においては、義認の教えそのものが問題になりません。
同じキリスト教であるのに、東方と西方の間に神観をはじめとするこのような違いがあるのはなぜでしょうか。東方においては、西方の偉大な教父アウグスティヌスが重んじられず、アウグスティヌスが強く主張した原罪の教えがないことに、理由があります。
アウグスティヌスは、ペラギウスとの論争をとおして、人類はアダムにあって罪を犯し、その結果堕落し、すべての子孫がその責任を負わされているという原罪を主張しました。それゆえ、罪を償うキリストの十字架が必要になります。
東方においては、アダムの違反の結果、神との命に満ちた関係が失われたことで死が人を支配し、人は滅びるものとなった、と考えます。それゆえ、キリストによる救いは、罪の償いではなく、死の支配からの解放です。すなわち、神であるみ子が人間性を取ったこと(受肉)により、人が神の本質にあずかり、神に向かって生き、栄光化される道が開かれました。受肉の結果、キリストにおいて神性と人性とが再び結合したことで、人が神の本質(栄光)にあずかることが可能になりました。東方ではこれを神化といいます。

nice!(0)  コメント(0) 

2018年4月29日説教

説教タイトル:わたしは道、心理、命
聖書箇所:ヨハネによる福音書第14章1~14節



論 壇 東・西で違う神観 (No,17)
東方正教会について理解するには、日本のハリストス正教会が出した『正教会の手引』が役立ちます。また、この書は、インターネットで『正教会の手引』を検索すると、PDFで入手できます。
西方伝統と東方伝統では、キリストによる贖いについて理解に違いがあります。西方におけるキリストの贖いは、罪を償うことによる救いであり、十字架の死がその核心です。東方における贖いは、キリストにより神の栄光にあずかって死の支配から解放されることであり、み子の受肉が救いの核心です。
この違いが端的に表れるのが幼児洗礼の意味です。わたしたちの教会の式文に、「私たちは、生まれながらに罪と咎(とが)と汚れのあるものですから、キリストの血と御霊による清めが必要です」とあります。「生まれながらの罪と咎と汚れ」とは、幼児もアダムの罪と堕落に連座しているとの理解です。堕落とは「アダムの最初の罪と罪責を負う」(小教理18)ことであり、その結果「神の怒りとのろいの下にあり、・・・永遠の地獄の刑罰」(19)の責めを幼児も負う。それゆえ、まだ何もしていない赤子にも罪を償う十字架の救いが必要であり、洗礼をさずけます。
東方伝統では、幼児洗礼に、罪や罪責、罪に対する神の怒りとのろいからの救い、という意味はありません。死の力から解放されてキリストの復活の命に生きる。このための洗礼です。
この違いから、東方と西方の神観も違ってきます。西方においては、罪に怒り、罪人を罰して償わせる正義の神。東方においては、神が人間性を取ったことで、人が神の本性にあずかって栄光化され、死ぬべき者から神の命に生きる者に生まれ変わる、この道をひらいた神です。東方には、のろい、さばき、罰する神はなじみません。
東方と西方を比べることで、わたしたちのキリスト教理解を知ることができます。

nice!(0)  コメント(0) 

2018年4月22日説教

説教タイトル:互いに愛し合いなさい
聖書箇所:ヨハネによる福音書13:31-38

論壇 東方と西方の区別
 5月10日からはじまる研修所夜間神学講座において、3回にわたって東方教会について話す予定です。東方教会を取り上げる理由は、宗教改革500年をすぎて、カトリック教会とルター教会が義認の教理の主要点において一致したことにより、キリスト教そのものを考えるよい機会がおとずれたからです。
 プロテスタントは、カトリックと比較しながら自己を理解することをよくします。しかし、同じ西方伝統に属するカトリックと比較したのでは分からない点が、東方教会と比べることで明らかになることがあります。自己理解を深めるという観点から東方教会を取り上げようと思います。
 東方伝統と西方伝統は、ギリシア語を使う東方、ラテン語を使う西方、ローマ帝国が東西に分離した(395年)ことによる東方と西方という枠組ではじまりました。ただし、分裂や敵対という関係ではなく、一つの教会における異なる伝統です。それゆえ、三位一体論(325年ニケア信条、381年ニケア・コンスタンチノープル信条)と二性一人格(451年カルケドン信条)という根本教理における論争では、協力して正統信仰を守りました。
 はっきりと分裂したのは、1054年の相互破門と、1203年の第四回十字軍によるコンスタンチノープル占拠と略奪という西方教会が行った蛮行のためです。
 東方教会は、東方正教会と東方諸教会に分れます。大雑把にいうと、二性一人格の教理を表明するカルケドン信条を拒否して分れていったのが東方諸教会です。また、この東方諸教会は急速にイスラム勢力に飲み込まれることになり、イスラム諸国の中で生きのびてきた由緒ある教会ということになりました。西方教会が16世紀の宗教改革によって分裂する1000年以上前に、東方教会は正教会と諸教会に分れています。
 東方は正教会と諸教会、西方はカトリックとプロテスタント。キリスト教は、大きくこの四つの伝統で見ることができます。
nice!(0)  コメント(0) 

2018年4月15日説教

説教タイトル:こころの目を開くイエス
聖書箇所:ルカによる福音書24:28-53

論壇 福音を受け入れるとは
 3月11日からイースター伝道礼拝を、ルカ福音書を取り上げておこなってきました。キリストの昇天を教える今日の箇所でルカ福音書が終るので、一区切りつくことになります。
 Ⅰコリント15章1~5を読むと、福音とはキリストの死と復活のことであることがわかります。死と復活はコインの表と裏のごとく一体であり、分けることができません。しかし、一体であることは自然なこと、あるいは当然のことではなく、教えられることで理解し、受入れることのできるものです。
 イエス・キリストの処刑に直面した弟子たちは、絶望し、イエスが教えてきた神の国は失敗したと考えました。すなわち、弟子たちにとっても死と復活は一体ではありませんでした。
 それゆえ、復活したキリスト御自身が弟子たちに姿を現わし、手足を見せ、弟子たちの前で魚を食べるなどして、復活の事実を教えねばなりませんでした。ただし、ただ復活したという事実だけでなく、メシアの死と復活そのものが旧約聖書に書かれていたこと、すなわち神があらかじめ約束していたのであり、そのとおりに実現したのであることを、繰り返し教えねばなりませんでした。この再教育により、キリストの死と復活が表裏一体のものであることを弟子たちは理解することができたのですが、このことを「イエスは、聖書を悟らせるために彼らの心の目を開いた」(24:45)とも、使徒言行録1章には、イエスは40日にわたって弟子たちに教えたとも記されています。これらのことから、死と復活が容易に理解できることではないことがわかります。
 教会に来たばかりの方がキリストの死と復活を本当のこととして受入れることは、簡単なことではありません。しかし、人にとって最後にして最大の敵である死を、死と復活によって無力にしたキリストの教えと行い、それを受入れてきたキリスト者を理解することで、福音の意味を知っていただきたいと願います。
nice!(0)  コメント(0) 

2018年4月8日説教

説教タイトル:苦しみを受けて栄光に
聖書箇所:ルカによる福音書24:13-35

今週の論壇はございません。
nice!(0)  コメント(0) 

2018年4月1日説教

説教タイトル:キリストの復活
聖書箇所:ルカによる福音書23:50-24:12

論壇 キリストの復活
 ルカ福音書によると、キリストの死がすぐに周りの人々を変えていきました。死刑執行の責任者である百人隊長が十字架のできごとを見て「本当にこの人は正しい人だった」と言って神を讃美しました(ルカ23:47)。「群衆も皆、これらの出来事を見て、胸を打ちながら帰って行った」(48)。神の国を待ち望んでいた議員ヨセフは、勇敢にもピラトにイエスの遺体を引き取ることを願い出ます(50~)。
 ただし、この人たちが死んでなおキリストが救い主であるとの考えを持っていたわけではなく、この正しい人が死んだ事実により希望は失われたという心境にありました。 復活について聞かされていた女の弟子たちでさえ、週の初めの日の朝、もう一度丁寧に遺体を葬りたいと願って墓にやって来たのですから。
 しかし、墓穴は開いており、遺体がなく、二人のみ使がイエスは復活した、ガリラヤでイエスが語ったことを思い出せと語りかけました。「人の子は必ず、罪人の手に渡され、十字架につけられ、三日目に復活することになっている」(24:7)。「必ず・・・・ことになっている」という書き方は、神の定めとしてそうなっているという意味をもった表記法です。
 「イエスの言葉を思い出した」(9)婦人たちは、復活したことを使徒たちに伝えに帰りましたが、使徒たちでさえ婦人の言葉を信じませんでした。すなわち、イエスが復活したことを受入れることができなかったのです。不思議な話です。
 墓がカラであったこと、み使が説明したこと、それだけでは復活信仰が共通の確信になることはなかったのです。復活したイエス自身があらわれ、そのからだを示し、触りたいなら触ってみろと自らを差しだそうとしたこと、そうすることでイエスの復活が受入れられていったのです。福音宣教のはじまりには、復活したイエスを目撃したという教会の証言があります。
nice!(0)  コメント(0) 

2018年3月25日説教

説教タイトル:十字架の死
聖書箇所:ルカによる福音書23:32-49

論壇 受難週を迎えて
 イエスは2人の犯罪人とともに十字架にかけられました。その内の1人はイエスをののしり、もう1人は「イエスよ、あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出してください」と願いました。するとイエスは「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」と答えました。
 2人は、イエスと無関係に生きてきたにもかかわらず、この時のイエスに対する態度により、その運命が大きく分れました。ひとは最後の最後まで生きている限り救われ可能性があることを教えてくれます。
 あなたは「今日」、すなわち遠い将来ではなく、この処刑の日に楽園にいるわたしと一緒に楽園にいる、とイエスは語りました。このことの意味ですが、イエス自身十字架における最後のことば「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます」と結びつけるとわかってきます。イエスは、父のもとにあげられるとの確信を持って平安のうちに息を引き取りました。父から委ねられた救い主としての使命をまっとうし、ご自分を信じる者に救いをもたらすことを確信した姿です。それゆえ、明日をも待たず、今日のうちに「わたしとともに」楽園、すなわち神のもとにいると語ることができたのです。
 この2人の犯罪人は、わたしたちにとって2000年前の見知らぬ男たちではなく、福音を聞くわたしたち自身の姿です。「この方は何も悪いことをしていない」にもかかわらず、罪人の1人として十字架にかけられたことの意味を神のことばである聖書をとおして教えられて、救い主イエス・キリストを必要とするかどうかが問われています。
 わたしたちは、自分が何者で何をしているのかわからず、十字架のイエスをあざ笑う者たちと同じように、大切な救いを取り逃がすことがないようにしましょう。救いとは、キリストにおいて、神をわたしの父と呼ぶ関係をえることです。
nice!(0)  コメント(0) 

2018年3月18日説教

説教タイトル:神になりたい
聖書箇所:創世記3:1-19

録音機器の不調のため本日の説教が録音されておりませんでした
お詫びいたします

論壇 限りなく神に近い
 先週の11日から、イースター伝道礼拝をはじめました。今年は、なぜキリストの救いが必要であるかについて、聖書の教える人間理解をもとに考えることにしました。
 キリスト教は罪からの救いを強調します。それゆえ人間を否定的にとらえるのがキリスト教であるとの誤解を持つ方もいるようです。けれども、創世記1章にある、神が人を創造したことを教えるところを読むと、聖書が人を特別に貴いものと見ていることがわかります。「 神は言われた。『我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うものすべてを支配させよう。』 神は御自分にかたどって人を創造された。神にかたどって創造された。男と女に創造された」(1:26-27)。
 人は神に創造されたもの、すなわち被造物でしかないのですが、①神に似ており、それゆえ神を知り、神との人格的関係を結ぶことができます。②神から地を従わせること、すなわち神の代理人として地を治めることが人に命じられています。
 特に我々に「かたどって」、「似せて」という言葉がわずか2節の中に繰り返されていて、人が単なる被造物でないことを印象づけています。
 聖書が人について語るとき、人が限りなく神に近いことを前提としています。善悪を認識することも、過去を振り返ることも、将来を予想することも、生と死の意味を問うことも、神について思い巡らすことも、すべて神に似せて造られた人間の特権です。
 罪を犯すことも人間に固有のことです。ただし、人間らしいことではなく、人間らしくないことです。それゆえ、罪から人を救うことがキリストの救いの中心なのです。ただし、罪からの救いとは、罪をおかさないようになることではありません。罪人であっても、キリストを救い主と信じて罪と死の支配から解放され、真に自由な者すなわち神の子として生きるようになることです。
nice!(0)  コメント(0) 

2018年3月11日説教

説教タイトル:神と人
聖書箇所:創世記第1章1~31節



本日の論壇はございません
nice!(0)  コメント(0)